Slackで使うメンションをマスターしてメッセージを的確に送ろう!

チームリーダーは部下に指示を振る際、多くの人にSlackで呼びかけますが、その際一人に限定して呼びかけたりチーム全員に呼びかけるなどさまざまな種類で連絡をしなくてはなりません。Slackではメッセージの宛先を手軽に変えることができる「メンション」という機能があります。この記事ではそのメンションの種類を紹介します。

Slackの「メンション」とは?

特定の人へ読んでほしい時に使う機能です。SlackだけでなくTwitterやLINEなでもこの用語を同様の意味で使うことができます。

特定の人(一人)だけに送るメンション

@◯◯とすると表記します。

@hogehoge

オンラインのメンバーだけに送るメンション

「@here」と記述します。チャンネルにアサインしているメンバー且つ、オンラインの状態のメンバーにだけ通知を届けることができます。

@here

チャンネルに所属しているメンバーに送るメンション

「@chanel」と記述します。チャンネルにアサインしているメンバー全員に通知をします。

@chanel

ワークスペースにいるメンバー全員に送るメンション

「@everyone」と記述します。generalなど全員参加しているチャンネルのみ使うことができあます。

@everyone

自分に通知をしたい

「@me」と記述をすると自身のユーザー名も候補に出てきます。

@me


まとめ

メンションをマスターすることで、メンバーの中で特定の人物に送ることができるためどのプロジェクトに参画しているのかをメンバー全体に意識付けることができます。