catch-img

メガネのJINSが自社のウェアラブルデバイス「JINS MEME」を使ってゲーム開発!コミケに行って体験してみた!

JINSとは、低価格で機能的なメガネを豊富に取り扱っているメガネブランドです。 今回、JINSが出しているウェアラブルデバイス「JINS MEME」(ジンズミーム)がアプリ開発として現在作成中のゲームをコミケでいち早く体験できるというので参加してきました。 DSC_0653.jpg

まばたきや目の動きを数値化。JINS MEMEはかけてるだけで自身の状態を知ることができるメガネです。

JINS MEMEとは、メガネに内蔵されたセンサーで体の重心位置や目の動きを測り、疲労感や集中力などいまの健康状態をリアルタイムに知ることができるウェアラブルデバイスです。

プロジェクト、JINS MEME GAMINGでは自分の心によって未来が変わるゲームです。

ゲームプロジェクト「JINS MEME GAMING」では、そうした目や体の人体データから得られた心理状態をシミュレーションゲームに取り入れたゲームとなっています。会場ではメガネをかけてそのアプリを体験することができます。 773373.jpg キャラクター(じん太くんとミーコちゃん)どちらかを選択しストーリーを進めていきます。その間、メガネで測ったいまの状態が画面右上に表され良好なステータスが青色になります。会話の途中に出てくる選択肢はそのステータスに紐付いているので青色になっているものから会話の選択肢を選び続ければグッドエンディング、ステータスを無視して他の選択肢を選べばバッドエンディングとなります。 DSC_0657.jpg ゲーム内で発生した会話の選択イベントで得られる言葉が、プレイヤーの心理状態によって変わっていくというものなので、エンディングが自身の状態に左右されるのが新しかったです。 こうしたシミュレーションゲームのこれまでは、どんな選択肢によって攻略できるのかキャラクターの性格から考えていたのが、自身の状態に基づいた攻略方法を模索しなくてはならないなど、ゲームに新たな奥行きを持たせています。 DSC_0658.jpg もしかしたら、ゲームを通していまの自分の状態を知り、攻略のために自身を健康に保つ方法を模索するということもあるかもしれません。 みなさんもぜひコミケで触れる機会があったら参加してみてください!ちなみに会場に行けばシミュレーションゲームに出てくるキャラクターのメガネ置きと缶バッチがプレゼントされますよ。 【詳細はこちら】 コミックマーケット 西ホール1 #1141 ▼JINS MEMEについてはこちら https://jins-meme.com/ja/